CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
2012年の新子
6月下旬以来、まだかまだかと探り続けていた新子。今年は新宿のいしかわでゲット。
まだ身の薄い4枚付けであったが、それでも初物には代え難いときめきがある。

04新子B
新子

あけましておめでとうございます!

というのはいささか大げさであるが、自分の中で寿司の季節がやってきた実感がある。

JUGEMテーマ:グルメ
| ショクザイ | 23:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
エゴマ
韓国料理でよく出てくるエゴマの葉。

エゴマ
エゴマ

ゴマという名はあるけれどシソ科である。栽培植物としての利用され方は種子から油脂を採ったりとゴマに似ている。東南アジア原産で日本ではゴマより昔から利用されてきたというから、ゴマに似ているというのは間違いでゴマの方がエゴマに似ているというのが正解かもしれない。

葉は独特のスッとする香りが日本では敬遠され、葉の利用は盛んでなかったが、韓国料理では葉の利用が定番であったことから、本格的な韓国料理の浸透とともに日本でもエゴマの葉は徐々に定着しつつあるように思う。

JUGEMテーマ:グルメ
| ショクザイ | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
山わさび
わさびは山葵と書くので山わさびは山山葵で、全くの「から落」である。
そういう突っ込みのせいでは無かろうが、山わさびはわさびとも呼ばれる。その正体はレホールである。英語ではホースラディッシュと呼ばれ、ここでもが出てくる。
レホールは東ヨーロッパ原産のアブラナ科の植物。アブラナ科はわさび・大根・からしなど辛みを持つモノが多く、レホールの辛さも相当なモノだ。

山わさび
山わさび

レホールだと感じが出ないから以下山わさびと呼ぶことにする。
ときどき行く寿司屋で山わさびを上手に使う店があり、そこの真似をして一品作ってみた。まずはすり下ろすのだが、山わさびは非常に固く、鮫肌のおろしだと埒があかないか壊れるから金属製のおろし金でゴリゴリガリガリ。
目が開かないほどの刺激に耐えながら、刻んだネギと鰹節を山わさびに敢えて醤油を垂らす。これでできあがり。

山わさびネギ鰹
手軽な万能薬味

カツオなどの青身魚に乗せても旨い、身の厚い甲イカの迫力にも負けない。もちろんそのまま食べてもOK。
かなり応用の利く薬味である。

イカと山わさび
こちらはプロの仕事。上原の久遠

JUGEMテーマ:グルメ
| ショクザイ | 00:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
ドPINK
何じゃこりゃと注文したら、想像を超えるヤツがドン!

ドpink
ドPINK
ドPINKは山本合名会社という秋田県の醸造元の日本酒。

日本酒なのだ!

色だけ見るとイチゴ牛乳のような味を想像するが、実際は微発砲が舌に心地よいキレキレの酸味が特徴のスッキリしたにごり酒
この色は赤色清酒酵母の仕業らしい。

知らない人にはネタで楽しく、飲んでみたら味で納得の一品。

JUGEMテーマ:グルメ
| ショクザイ | 00:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
青まぜ
塩釜で買った"飛"乾海苔と同じものと思うが、千葉では青まぜと言うらしい。
黒い海苔に青海苔の香ばしさがONしている憎いヤツ。勝浦の朝市では一番の高級品とされていた。

青まぜ
青まぜ

JUGEMテーマ:グルメ
| ショクザイ | 00:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
もじり
サディスティック・ミカ・バンドプラスティック・オノ・バンドのもじりであるということは、一定以上の年齢の人にはSKEAKBの関係より常識である。

そして、カレーのS&BC&Bのもじりであることは、一部カレーファンにとって桃太郎電鉄桃太郎伝説の関係より常識である。

異論は認める。

JUGEMテーマ:グルメ
| ショクザイ | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
ふんどしは流さない
薮原十区で料理に合わせる酒を選んでいたら「流輝」という酒を発見。
群馬県藤岡市の蔵元の酒で「るか」と読む。最近の小学生の読めない名前みたいだ。ちらっと見たときは「流」と読めたが、「ながれふんどし」ではあまりにばばっちい。

流輝は薄濁り。

05タチウオと流輝
太刀魚のフライに立ち向かう流輝

旨みの他にも様々な味の成分があり、混沌とした味
スッキリからは遠いが、焼き魚や強肴の個性に立ち向かう勇気を持った酒
分別くさい年寄りではなく、子どもに愛蘭(あらん)とか付けちゃう世代のヒトに似合う若々しい酒だった。

04キンメダイ
流輝はキンメダイにも負けてなかった

JUGEMテーマ:グルメ
| ショクザイ | 00:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
ジューシー
ジューシーといっても汁物ではない。沖縄でジューシーといったら炊き込みご飯のことである。
豚の旨味でこってりのもの、化学調味料ばっちりのもの、天然ダシの香るもの、様々であるが、暑さでばてているときは白飯より確実に進む優れものである。

02大そばとジューシーA
首里そばのジューシー

JUGEMテーマ:グルメ
| ショクザイ | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
フルーツパパイヤ
沖縄ではパパイヤは野菜。
千切りにして炒めたり、豚汁的な汁物(地元の名称は聞き取れなかった)に入っていたりする。
というか、その辺に生えているからジャンルは野草かもしれない。

スーパーで売っているモノは果物的な別格の扱いであることが多く、果物であることを示すためにフルーツパパイヤと断りが入ることさえある。

フルーツパパイヤ
フルーツパパイヤは高い!

JUGEMテーマ:グルメ
| ショクザイ | 00:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
沖縄の水道水
沖縄では飲用にミネラルウォーターを供されることが多い。町の小汚いラーメン屋でもミネラルウォーターサーバーを見かけた。

水買い
スーパーではミネラルウォーターのペットボトルがまとめ売り

沖縄でミネラルウォーターが普及している理由のひとつに水道水が硬水であることが挙げられる。
日本は一般的に軟水が多いといわれているが、沖縄本島では硬水が多い。硬水とはカルシウム等のミネラルを多く含む水のこと。硬水を飲むと、場合によっては口の中がキシキシとざらつく感じさえある。
沖縄本島中・南部はカルシウムを多く含む石灰岩層でできているので、そこにある水は硬水になってしまうのだ。
那覇市の水道は、沖縄本島北部のダムの水を浄水処理する西原浄水場と、中部のダムと地下水を浄水処理する北谷浄水場から供給されている。西原浄水場の水は軟水だが、北谷浄水場の水は硬水である。

飲用水として、硬水の欠点はいくつかある。

硬水の欠点
1 飲むとえぐみがあってマズイ
2 飲み過ぎると下痢をする場合がある
3 ダシが出にくい

いくら硬水であるからといってもカツオダシが決め手の沖縄料理であるので、ダシが出ないではすまされない。沖縄では鰹節は厚手に削ってがっつりダシ取りをする。そのため、1世帯あたりの鰹節消費量は日本一となっている。

鰹節A
牧志では鰹節店が軒を連ねる

さて、そんな沖縄の水道水であるが、実際どんな味であろうか。

ちびり。

かすかに口の中がきしむような気がするが、カルキ臭がするわけでもなく普通においしい水道水だ。平成15年に北谷浄水場内に完成した硬度低減化施設のおかげだろう。これなら上海の水道水の方がよほどマズイ。
しかし、やっぱり本土の水とは明らかに違う。毎日飲むことを考えるとやはりミネラルウォーターということになるのかもしれない。

JUGEMテーマ:グルメ
| ショクザイ | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/24PAGES | >>