CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
桜新町の桜
東急田園都市線桜新町駅の周辺には桜と新町と桜新町という地名がある。その名の通り、駅が地下にある旧玉川通りの両端には桜並木がある。この桜並木はソメイヨシノではなく八重桜。花の時期がソメイヨシノより10日〜15日ほど遅く、ソメイヨシノが一段落して行く春を惜しむころに咲く、絶妙なニッチ感の桜だ。

01桜新町B
桜新町の桜

JUGEMテーマ:旅行
| トウキョウサワノボリ | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
2012年の桜
あの花びらの淡い色は、木の下に埋まった骸の血を桜が吸った赤なのだという。
ううむ。東京の桜を見る限り、桜が吸うのは酔っ払いがひっくり返した酒ぐらいだろうか。
 
03花見客D
上野のお山の桜
 
 
| トウキョウサワノボリ | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
代々木公園の桜
桜も終盤になると花びらが心なしか白く色あせてくる。
代々木公園では平日ということもあって人手は少し少なめ。

01代々木公園口
代々木公園

空いている平日ならゆっくり楽しめる、ということだろうか。あちこちにベビーカーがとまっていて、ママ友会が行われていた。

02花見客B
ベビーカーの多い花見の風景


2012年の桜

JUGEMテーマ:旅行
| トウキョウサワノボリ | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
中目黒の桜
東急東横線中目黒駅周辺。目黒川沿いには桜並木が続いている。
渋谷・代官山・中目黒のいわゆるおしゃれな町並みに似合い、夜桜を見に来た花見客もずいぶんと客層が違った。

03中目黒西部F
夜桜は怪しく街に映える

上野と比べて平均年齢が20才近く若いだろうか。男女の二人連れが多い。言葉無く腰掛け花を愛でているようにも見えるが、こちらも結局二人の世界に入ってしまっていて、花は二人が寄り添うきっかけにされているに過ぎない。

03中目黒西部A
馬鹿騒ぎのない静かな花見

ゴミが散乱するのはどこの花見も同じ。しかし、中目黒の桜が他と大きく違うのは、捨てられたゴミの種類かもしれない。上野の山ではモエ・エ・シャンドンの空き瓶など似合うはずもなく、スーパードライの空き缶が関の山であろう。

03中目黒西部C
橋の欄干に置き去りにされたモエ・エ・シャンドンの空き瓶


2012年の桜

JUGEMテーマ:旅行
| トウキョウサワノボリ | 00:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
上野の山のピザ屋
上野の山のピザ屋は風の谷のナウシカと文法的に似ているが、全く関係が無い。

上野の山ではピザ屋が宅配をしていた。
注文先の位置はスマホのGPSでわかるらしい。便利になったモノだ、といいたいところだが、何しろ花見客が多すぎる。場所は把握してもなかなかたどり着けないようだ。

01ピザ屋A
GPS確認中

03花見客H
30分で届けるのは無理だな

中には、GPSを駆使してもたどり着かなかったのか、交番に駆け込んで助けを求めるピザ屋さんもいた。

01ピザ屋B
お疲れさん


2012年の桜

JUGEMテーマ:旅行
| トウキョウサワノボリ | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
不忍池の桜
全く理解できないことなのだが、こんな小さな、水の濁った池のボートが何ゆえに人気があるのだろうか。
桜を愛でるのであれば、歩いて木に近づいた方が早い。二人きりになったといっても外からは丸見え。桜のシーズンとはいえ、不忍池のボートを目当てに行列までできるというのは想像もできない。

ボート池B
不忍池


2012年の桜

JUGEMテーマ:旅行
| トウキョウサワノボリ | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
上野の山の桜
山といったら富士だろう。
街といったら銀座だろう。
何事にも圧倒的な日本一というモノがある。
花見といったらどうなるか。それはもう、上野の山をおいて他にあるまい。

09桜B
上野の桜

上野の山の花見は桜だけではなく、花見客の存在によって成立する。
上野の山の花見客は日本の花見客の代表であり、達人でもある。中には雀卓を持ち込む猛者もいた。

03花見客C
ジャラジャラ…、桜は見てるかな?


2012年の桜

JUGEMテーマ:旅行
| トウキョウサワノボリ | 00:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
駒込の桜
駒込はソメイヨシノの発祥の地。JR駒込駅前には平成9年に整備された染井吉野桜記念公園がある。

01看板
染井吉野桜記念公園

公園には碑があり、以下のようなことが書かれていた。

02染井吉野櫻発祥の里駒込
染井吉野櫻發祥の里 駒込

『駒込の一部は江戸時代染井と呼ばれ、巣鴨とともに花卉・植木の一大産地であった。
この地で江戸時代以後多くの優れた園芸品種が誕生したが、なかでも染井吉野は、当時の地名から名付けられ、世界を代表する桜の品種となった。
左の絵は植木屋の第一人者、染井の伊藤伊兵衛の庭で大勢の人が花を愛でている様子である』

03公園内A
不思議なほど人の気配が無い


2012年の桜

JUGEMテーマ:旅行 
| トウキョウサワノボリ | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
飛鳥山の桜
JR王子駅前にある飛鳥山。
江戸時代、上野の山は花見の度に治安を悪くしていた。それを見かねた8代将軍吉宗が整備した行楽地である。

00王子駅前
JR王子駅のロータリー

落語の「王子の狐」は飛鳥山が舞台。明治・大正に名人と言われた初代三遊亭圓右が、上方の「高倉狐」を再編成したモノらしい。そのため、飛鳥山が江戸期に狐に化かされるような寂しい場所だったかは怪しいが、電灯のない夜は真っ暗だったろうし、近くに王子稲荷という有名な神社もあったので、雰囲気満点であったとは推察される。
ともあれ、江戸からほどほど離れて絶妙の距離感の飛鳥山。江戸市民の日帰り旅行にもってこいだったし、平成の世でも桜のころになれば花を求める人で大混雑する。

02麓の雑踏
登山道が渋滞して麓は大混雑していた

04花見客C
飲めや歌えや…、桜は見てるか?


2012年の桜

JUGEMテーマ:旅行
| トウキョウサワノボリ | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
中野通りの桜
桜という木は普段はどこにあるのか気にもとめられないのだが、花の時期になるといきなり主役に躍り出て存在感を示す。山にあっては突如山桜の場所が示され、町にあっては俄然桜並木が華やぐ。

中野通桜A
中野通りの桜並木

中野通桜B
駅前だけでなく桜並木は先まで伸びている

中野通りの中野駅北側の並木はソメイヨシノである。普段は気にもとめられないが、花の時期になると道の両脇に花が咲き乱れ、桜祭りが催され、皆が一瞬の輝きを愛でる。

花が散ったあとの並木は再び誰に気を止められるわけでもない単なる並木に戻る。桜にとってはどちらが幸せか。


2012年の桜

JUGEMテーマ:旅行
| トウキョウサワノボリ | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/24PAGES | >>