CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
英断
最寄り駅の途中にある鰻屋の張り紙を見ていると切なくなる。
この2年の間にウナギの高騰に伴い2回値上げをしたのだが、平身低頭の張り紙をしていた。そして、値段の問題ではなく仕入れが物理的に困難なことから週休2日とすることを決め、その際にも嘆き節の張り紙がされた。そして、ついに今年は混乱を避けるために丑の日の営業を取りやめた

丑の日の休業
休業か

鰻屋が丑の日に休むというのはケーキ屋がクリスマスに営業しないようなモノ。営業的には大打撃だろう。そうであっても、営業中にウナギが品切れになるくらいなら営業しないという道を選んだのだ。誠実にして悲しすぎる英断。

ウナギの高騰はシラスウナギの不漁による。
1960年代前半に200トン前後あったシラスウナギの漁獲量は2009年に24.7トン、2010年に9.2トン、2011年が9.5トン。2012年は前年をさらに下回るのは必至と見られる。

シラスウナギの不漁はエルニーニョ・ラニーニャといった海水温異常による海流の変化が一因しているという説もあるが、詳しいことは分かっていない。ただ、このまま漁獲量が減少すると絶滅が心配されるとかで、ウナギの味を知らない某大国が圧力をかける動きもある。すでにヨーロッパウナギはワシントン条約により国際取引が2009年から規制されている。

まさか、「あんなにかわいいウナギを食べるなんて残虐!」などと言うまいが、種の絶滅という大義名分によって蒲焼きという食文化に危機が迫っていることは間違いない。現在1匹数万円といわれる完全養殖のウナギが数百円に値下がりする日を信じたい。

JUGEMテーマ:ニュース
| トウケイ | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
似つかわしい名字
小学校のとき、近所の乾物屋のせがれが佐藤俊男(砂糖と塩)だったと気づいたときはニヤリとしたモノだが、名前が家業とリンクする人はたまにいる。

ヤンキースのGMでお金にシビアと有名なのがキャッシュマンさん。09年にMVPを取ったゴジラ松井を費用対効果が悪いとバッサリ切った。金にシビアなのが遺伝なのか名字に諭された後天的なモノなのかは知らない。
自衛隊幹部を養成する防衛大学校で学長をした五百旗頭(いおきべ)さんは軍事のトップに関わることが運命づけられていたんだと思う。
宇宙飛行士星出さんなんていうのは出来すぎもいいところだろう。ご先祖様は子孫は地球から飛び出すことをお見通しだったのだろうか。

ところで、星出さんという名字。星とか星野に知り合いはいるが、星出は自分の身の回りにはいない。どのくらいマイナーなのかと思ったら以下のようなことが分かった。

星の付く名字
1 星野 157位
2 星 308位
3 星川 1370位


22 星出 7203位
「全国の名字検索」で検索

星出さんは日本で309世帯しかないらしい。乾物屋、ちょっと現代風にしてコンビニのせがれのサトウトシオさんは日本中に30人ぐらいいそうであるが、星出さんが宇宙飛行士になるなんて偶然は、それこそ生物のいる惑星ぐらいレアなんではないだろうか。

JUGEMテーマ:ニュース
| トウケイ | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
日本国内の高い構造物
横浜ランドマークタワーは日本で4番目に高い構造物らしい。
東京スカイツリーと東京タワーは分かる。その次って何だ?

日本国内の構造物の高さ
1位 東京スカイツリー 634m
2位 東京タワー 332.6m
3位 明石海峡大橋 298.3m
4位 横浜ランドマークタワー 296.3m


橋の主塔か!


なお、2014年には300メートルのあべのハルカスが横浜ランドマークタワーを抜く予定。こちらは塔や橋の主塔ではなくビルであるから、日本一高いところにあるホテルの客室バーといったカテゴリーに順位変動の可能性も高まる。しかし、現状では最上階は展望台としか発表されておらず、高さ自体もあべのハルカスと横浜ランドマークタワーはほとんど変わらないので、タイトル委譲は進まないかもしれない。

JUGEMテーマ:ニュース
| トウケイ | 00:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
健康寿命
『厚生労働省は国民が一生のうちで健康面の支障が無く日常生活を送れる期間を初めて算出し、健康寿命を名付けて公表した。【中略】
健康寿命は、同省が行っている国民生活基礎調査で、日常生活への健康上の問題の影響を尋ねた質問に、「ない」と回答した人の割合や年齢別の人口などから、同省の研究班が計算した。』
読売新聞6月2日朝刊により

これは社会啓蒙のプロパガンダになるが、統計の資料ではないな。
日本には「健康のためなら命などいらない!」という健康オタクが少なからずいて、彼らの中には何の問題もないのに本人だけ健康に不安を感じている人も多い。逆に、「馬鹿は死ななきゃ治らない」的な楽観的不健康もいる。
どんなに上手に質問しても、日常生活への健康上の問題の影響なんて主観的な内容を取りまとめられるモノではないな。

『平均寿命との差が大きければ大きいほど、健康面に支障を抱えて暮らす期間が長くなるが、この差が最小だったのは、男性が秋田(7.79年)、女性は群馬(10.61年)。』
秋田が寿命の統計でよい数値を出すことは希である。ふと、ひねくれた読み解きをしてみる。

健康面に支障を抱えて暮らす期間が短い

ダメだと思ったらそう長くは生きられない


いや、それでは秋田の人がかわいそうすぎる。東北ならではの粘り腰で、なかなか「参った」を言わないのだと考えよう。

JUGEMテーマ:ニュース
| トウケイ | 00:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
そうか来年か
日本国勢図会2012/13を開いて、ハッとしたことがあった。今回の統計では2010年と2011年の差分、つまり東日本大震災前後で日本がどう変わったかが示されると思ったが、多くの数字は2010年を扱っていた。差が分かるのは来年だったのだ。
もちろん、2011年の統計も一部はあるし、2010年と2011年の差だってめくるめく大スペクタクル(自分比)であるので、問題はない。

農林水産省の統計を自分で集計すれば震災前後の差を考えることは可能だが、推理小説を後ろから読むみたいな話なので、できる限り自重したい。

JUGEMテーマ:ニュース
 
| トウケイ | 00:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
震災後初の発行
今は知らないが、昭和55年ごろ週刊少年ジャンプの発売日は公式には火曜日で東京では月曜に売っていた。その当時、前の週の金曜にジャンプを売っている本屋を知っているヤツはちょっとしたヒーローだったものだ。

6月1日発行の2012/13日本国勢図会が手に入った。3日早い入手に心が躍る。
今回のモノは東日本大震災の影響前後が分かる貴重なデータが満載。中学生のときにエッチなグラビアをめくるときと全く違う動機だが、同じくらいのどきどきでページをめくろう。睡眠時間がなくなりそうで怖い。

2012/13国勢図絵
2012/13日本国勢図会


JUGEMテーマ:ニュース
| トウケイ | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
仮設の街
福島県内の国道4号線をを流していると、福島第一原発周辺から集団で避難してきた人たちの応急仮設住宅団地を示す看板を見かける。
見物するのもはばかられるので住宅団地を訪れたことはないが、看板自体は頻繁に目にする。1つの自治体で1ヶ所に固まっているのではなく、いくつもの住宅団地があるようだ。

081203仮設の浪江町
浪江町の応急仮設住宅団地のひとつ

自治体ごと避難している場合の人口統計はどうなるのだろう、とふと思う。自治体の人口は本来的には当該自治体に住所をもつ住民の数であり、現実的には住民基本台帳に登録された人の数ということになる。実家に住民票を残したまま東京に出てきた若者など、住民票を移しそびれている人はときどきいるが、それは誤差の範囲内と言える。しかし、自治体ごと避難していて、登録された人が現住所に1人もいないとなると、とても誤差とは言っていられない。

法律的には、客観的に居住している事実が1年間継続していれば、問答無用で役所が転入届を記載することができる。事実上居住している自治体に住民税を納めないまま住民サービスを受けるのは許されないから、そういうルールが存在している。しかし、避難している人たちの場合、それとは事情が大きく違う。

避難先に住民登録をしてしまうと、故郷に人口がなくなってしまう。避難している自治体の税収がなくなってしまうという事実も問題であるが、全員が原則通りに住民登録を避難先にしてしまったら、「みんな移住してしまったのだから、復興は必要ない」という議論を生み出しかねない。
復興を信じるだけでなく、ファイティングポースをとり続けることで復興の可能性は膨らんでいくのだろう。時間のかかる大変な話だ。

JUGEMテーマ:ニュース 
| トウケイ | 00:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
本物志向の進展
昭和末期、ネスカフェでプレジデントというハイグレードなインスタントコーヒーがあり、ヨーロッパの王族末裔がお城でプレジデントのコーヒーを飲むというCMがよく流れていた。王族末裔ともあろうモノがインスタントコーヒーなんて飲むかいな?といぶかしく思った記憶がある。
王族末裔ではなくて日本庶民の話。

日本コーヒー協会
の統計によると30年ほど前と比べインスタントコーヒーは消費量が微減し、レギュラーコーヒーは伸びている。

一人1週間あたり杯数

1983年
レギュラー  2.50
インスタント 5.00

1990年
レギュラー  3.28
インスタント 5.01

2000年
レギュラー  3.71
インスタント 4.84

2010年
レギュラー  3.27
インスタント 4.69
リキッド 1.09

日本では家庭と職場で飲むコーヒーが全体の90%であるので、インスタントは一定の需要があるとは思うが、豆から入れるコーヒーを飲む人が少しずつ増えているのだろう。

なお、最近はレギュラーでもインスタントでもなく、リキッドというモノがある。濃縮したコーヒーにお湯を注ぐのであるが、こちらは機器の普及に伴いじわじわと比率を上げていて、職場のコーヒーメーカーではよく見かけるようになった。

JUGEMテーマ:グルメ
| トウケイ | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
伏兵の進撃
3月22日に国土交通省が公表した2012年1月1日時点での公示地価は、全都道府県で下落ということになった。

都道府県別変動率(住宅地2012年)下落率が大きい順
1 高知県 ▲8.5%
2 徳島県 ▲8.2%
3 福島県 ▲6.2%
4 青森県 ▲5.7%
5 茨城県 ▲5.5%
5 香川県 ▲5.5%
※読売新聞の記事より

都道府県別変動率(商業地2012年)下落率が大きい順
1 高知県 ▲9.7%
2 徳島県 ▲8.5%
3 秋田県 ▲7.4%
4 福島県 ▲7.2%
5 岩手県 ▲7.0%
※読売新聞の記事より

下落幅の上位は被災地を抱える県が独占するかと思ったら、独占したのは四国であった。何が震災以上の下落をもたらしたのだろうか。

JUGEMテーマ:ニュース 
| トウケイ | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
沖縄の自動車事情
沖縄では沖縄ナンバー以外の自動車を見かけることは非常にまれである。ほとんど無いといっても過言ではない。
観光客はほとんど飛行機でやってくるので、他県ナンバーが走っていたら家財道具とともに移住したヒトだろう。なお、沖縄と本土を結ぶカーフェリーはあるのだが、自動車の航送料金は非常に高い。

那覇旭橋での自動車100台のナンバープレート
沖縄ナンバー 100台

JUGEMテーマ:旅行
| トウケイ | 00:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/24PAGES | >>