CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
<< 英断 | main | 世界遺産の迫力 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
雲龍
前沢牛を焼肉で食べたい…。そんな夢が叶うのが一関の雲龍。
まずはキムチでエンジンかけて、ビールをガバー!

12081412雲龍外観
雲龍

12081413たれ
キムチは塩味が少な目の本格派

ロースほい、中落ちカルビほい!これを熟成したニンニクの香りが立ち上る特製のタレでいただく。

12081416ロース
ロース

12081417中落ちカルビ
中落ちカルビ

雲龍といったらタレなのか、タレといったら雲龍なのか。ここでしか味わえない魅惑の逸品。個性の強いたれを上質な前沢牛がしっかり受け止める。前沢牛のきれいな脂が甘みを加速させていく。

さてと、シメはやっぱり冷麺。最南部とはいえ一関は岩手。盛岡冷麺の流れをくんだ歯ごたえマターのスパルタン。モチモチ、ゾゾー。

12081420冷麺
冷麺

うーん、うまかった。
するするといける焼肉。ゴツゴツとはね返る冷麺。焼肉の真骨頂は存在感と満足度。そんな当たり前のことを改めて実感する一関の夜だった。

JUGEMテーマ:グルメ
| メン | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 00:00 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nobu-log.jugem.jp/trackback/2425
トラックバック