CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
<< 粉食浪漫/観音寺の源平 | main | 最強&唯一!現存する関所 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
幻のちゃんこ店力士
中野にあるちゃんこ屋、力士・二子竜。あらゆる意味で幻である。

力士外観
店名は力士とも二子竜とも言う。どちらも正解らしい。

まず幻なのは予約。この店は全く予約が取れない。馴染みならともかく、
一見さんが予約するのは絶対に不可能

なんで?大人気?それもあるかもしれない。しかし、主たる原因は違う。電話番号が間違っているのである。インターネットにのっている名店情報のほぼ全てで
電話番号が間違っている

それもそのはず、店の領収書の電話番号も間違っている。間違っていないのかもしれないが、印刷がつぶれていて読めない。このことを知らない人では、インターネットの情報であろうが、店が発行した領収書だろうが、何を手がかりに電話しようにも違ったところにかかってしまうのだ。
ちなみに、正しい力士の電話番号は03-3387-1055だ。

次に幻なのはビール。宴会芸とでもいうのだろうか、旦那のビールの注ぎ方が幻なのである。
考えてみてほしい。ビールを注ぐ際に瓶を180度ひっくり返して注いだらどうなるか。泡だらけになってあふれるのがオチだ。
ところがである!旦那が注いだビールは瓶の底が天を仰ぐのにもかかわらず、泡とビールのバランスは絶妙。まさに妙技。
この技をボクは「ほいさ!」と呼んでいる。単に、旦那が技を繰り出すときにほいさ!と叫ぶからだ。妙技目当てに何度も撮影にチャレンジしたボクであるが、どうやっても成功しない。苦節三年(ウソ)、連写モードを駆使してようやく撮影に成功した!

以下は幻の妙技の画像↓



はい〜、コップを少し傾けてください〜

ほいさA
ほいさ−!

ほいさB
よいしょー!

ほいさC
おりゃー!

ほいさD
はい、どうもありあとやんしたー!

※旦那の話している言葉は、声が文字化け(当社比)していて、かけ声以外ほとんど聞き取れない。

そんな力士だが、イロモノちゃんこ店なわけではない。むしろ味こそが超一流。
おすすめは醤油ちゃんこ。たっぷりの野菜とたっぷりの鶏肉でバランス抜群。それ以外のつまみも充実で、特にカツオは出色。
デートにも接待にも力士は大活躍する。旦那のほいさ!に仰天させて、味にさらに仰天させる。ついでに旦那のダジャレにも…、これは仰天ではなく轟沈かもしれない。まぁ、行ってみて絶対に損はない。

醤油ちゃんこ

旦那は二子山部屋の元力士。店には現役時代の写真が飾ってある。鍛え上げた見事な肉体には命がみなぎっている。もちろん腹筋には深いカット。がっちり六つに割れている。最近のおなかポヨポヨ力士たちに見せてやりたい。
ある意味これも幻である。
| メシ | 14:13 | comments(4) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 14:13 | - | - |
コメント
電話番号が間違っていたときは、びっくりしました。ご主人は笑ってごまかしてましたけど、笑ってごまかすところが問題あり!?。お手洗いの意味不明な数字たちも。
| ドイーニ | 2007/07/12 1:20 AM |
4649と書いてありますなぁ。
すべるとか以前の、真空切りみたいなダジャレばっかり。
| のぶ | 2007/07/12 2:08 AM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2018/02/28 4:09 PM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2018/05/14 8:27 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック